« コレ、欲しい!オシャレなマッサージソファ | Main | 単身引越なら楽々! »

債務整理を強く勧めねば!

息子が進学した高等専門学校は、授業のレベルがかなり高く、当人は早くも留年の危機を感じ始めたらしい。 ちなみに、その学校の留年率は低学年で10%、高学年になると20%以上。 入学時はどの学科もだいたい45人何だけど、卒業時には30人くらい、ひどいときには26人とかいう年もある。

そんなわけで、息子が塾に通いたいというので、昨日近くの塾に説明を聞きに行ってみた。内容は悪くなさそうだったけど、1回90分の授業を月8回で、24000円!た、高い…。 学校の授業料と合わせると、月々5万円以上の出費。 コレはつらい!

こうなったら、何が何でも養育費を支払ってもらわなくちゃ。でも、向こうが借金まみれのままで「無い袖は振れない」と言われると、どうしようもない。 やっぱりまずは、債務整理をするように強く勧めてみるしかないな。

債務整理にもいくつかパターンがあるらしいけど、どれだったら実行するかな?儲ってた頃に調子こいて建てた家は手放したくないと言ってたから、個人再生がいいかもしれない。個人再生だと、住宅ローン以外の借金を最大80%カットできる。 でも、住宅ローンが残ってたら、そっちを払うのを優先して養育費は支払わないような気がするな。

やっぱ、家はあきらめて、自己破産してもらいたいもんだ(冷徹)。そしたら、養育費の未払い分の400万ほどは帳消しにされてしまうだろうけど、どうせ払ってもらえる見込は無いから、もういいや。それより、借金をすべてなくして、今後の分を支払ってもらう方がいい。

電話しても出ないけど、家庭裁判所にでも相談して連絡をとってもらい、話す機会をもてるよう動いてみよう。

« コレ、欲しい!オシャレなマッサージソファ | Main | 単身引越なら楽々! »

金融・マネー」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 債務整理を強く勧めねば!:

« コレ、欲しい!オシャレなマッサージソファ | Main | 単身引越なら楽々! »

March 2022
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ