« June 2009 | Main | September 2009 »

支えよう!ピンクリボン運動

子供がインフルエンザにかかってしまい、40.4度もの高熱が続いて、一時は救急車を呼ぼうかと思うくらい容体が悪かった。 幸い快方に向かっているようだけど、まだ38度前後の熱があり、時々嘔吐し、食欲もない。体のあちこちに痛みを訴え、日中もうとうと眠っていることが多い。あんなに高熱だったので、何か後遺症などがないか心配。 でも、髄膜炎などの命に関わるような状態にならなくて良かったな。

髄膜炎の予防接種は、WHOの推奨により120カ国以上で公費負担による接種が行われているというのに、日本では平成20年からやっと受けられるようになり、しかも自己負担。医療先進国のはずなのに、新しいものを取り入れるのは及び腰で、いつも出遅れてる感があるよねー。

がんの治療にしても、そう。外国では新薬がどんどん開発され活用されているにも関わらず、日本ではなかなか認可が下りない。既存の治療方法で効果が上がらない患者さんは、新薬が使えるようになるのを心待ちにしてるだろうに…。

万一自分がその立場になった場合、子供たちが一人前になるまではくたばるわけにいかないから、ありとあらゆる手段を使って延命しようとするだろう。一応リビングニーズ付きの保険には加入してるけど、医療保険適用外の新薬や治療法を試みるとなると、多額のお金がかかる。それではとても足りない。

そういう状況になったときに役立つ情報を提供してくれるのが、「リボン運動 がん新薬を普及する会」だ。 この会の代表理事を務めているのは、乳がんを患っていたタレントの山田邦子さん。活動内容は、がん患者の人が求めている新薬の安全な治験の情報を提供し、安心して新薬が使える仕組みをつくっていったり、先進医療の事例を紹介したりすること。こういう活動に支えてもらうことができれば、有効な最新の治療法で病状が改善する人が増えるかもしれない。

リボン運動を支援するには、ツールバーを無料ダウンロードしてピンクリボン運動のリボン検索を行うだけでいい。そうすると、検索ごとに発生する広告収入を「リボン運動 がん新薬を普及する会」に寄付することができるんだって。

こんな活動があることを初めて知ったけど、まだ知らない多くの人に知ってもらうため、ピンクリボン運動ブログパーツを貼ってみた。自分や家族ががんを患う可能性は誰にもあるんだから、こういう活動があることをぜひ知っておいて欲しいよね。

あかるいHIDライトを装着したい

街灯のついている明るい街中を走っている時はあまり感じないけど、暗い山道を走る時なんかは、車のヘッドライトって頼りないなぁと思う。 60Wの電球で照らしたようなぼや~っとした明るさしかないので、視力が落ちてしまった最近は特に、怖いなぁと思うし疲れてしまう。 

たまに、すっごく明るい白く輝くようなヘッドライトを付けてる車を見かけることがあり、あれなら暗いところでも良く見えそうで、うらやましいな。 あのライトは、HIDというらしい。通常車のヘッドライトに使われているのはハロゲンランプだけど、HIDはハロゲンランプに比べて、約3倍も明るくて約5倍の長寿命なのに、消費電力はなんと1/2! 明るい上に経済的なんて、理想的~!

ただ、残念なことにHIDは高額で、10万円前後もするとか。 さすがにその値段ではちょっと手が出ない。万が一ぶつけて破損しちゃったら、大ショックだし。

でも、HIDならMonobee HIDキットが安い! 私の愛車に装着できるのは、「H4 Hi/Lo」というタイプ。省電力の35Wタイプのコンバージョンキットが、税込み35,700円~!このくらいなら何とかなりそう♪39,900円と若干高いけど、さらに明るい55Wタイプもいいなぁ。 暗さが苦手な私としては、「鋭い照射光」っていうのにすごく引かれちゃう。いずれにせよ、4万円以内でグ~ンと明るいHIDにできるんなら、お得だよね。

HIDならMonobee HIDキットのスペシャルコンテンツ」のサイトを見れば、安いだけじゃなく、品質的にも安心できることが分かる。連続作動試験を10万回も行い、100度のお湯の中に48時間投入するという過酷な耐熱・防水テストを行い、10メートルの高さからバラストを落とす破壊的耐震テストも行っているという徹底ぶり。加えて、5年間のロング保証付き!これなら、せっかく装着したのにすぐ故障…なんてこともないよね。

これからますます視力は悪くなりそうだし、4万円以内で手に入るんだったら、安全のためにHIDに取り替えたいな。

Place_300_250

「CR花の慶次~斬」ファン感謝祭の盛り上がり

戦国末期の安土桃山時代を舞台に、ファッションも考え方も行動も破天荒で「傾奇者」と呼ばれる前田慶次の自由奔放な生き様を描いた戦国ロマン漫画「花の慶次‐雲のかなたに‐」。雑誌の連載が終わった今も、その人気は根強く、パチンコ台の「CR花の慶次~斬」も大好評! 迫力のある時代絵が、美麗3DCGでリアルに再現されているため、花の慶次の世界に浸れるのが人気の一因かな。

8月7日に、その「CR花の慶次~斬」を存分に楽しむことができるファン感謝祭が行われ、私は遠くて参加できなかったんだけど、ニューギンのサイトでその様子を見た。 それはもう、豪華絢爛!まるでタイムスリップしたような感覚になるようなすばらしいステージ設定。出演者の衣装も、カッコいい傾奇ファッションで、いやがおうにも気分が盛り上がる。 テーマソングを歌う角田信朗氏のライブも、力強いダンスパフォーマンスで魅せてくれる躍動ZINGIをバックに従えて、超カッコいい!

そして特にステキなのが、思いがけない登場の傾奇エンジェルス。いつのまに結成されたのか知らないが、ミニスカ着物みたいなオシャレな衣装をまとった4人の美女だ。 桔梗・小百合・菖蒲・椿のという名で、
クールな姐さんタイプからキュートなアイドル系まで、それぞれ個性的。あの衣装、いいなぁ! コスプレファンに絶対ウケそうだよ。

ファン感謝祭の様子を見てたら、すごく楽しそうで、なんか行ってみたくなってきたなぁ。次回開催されるときは、行ってみたいな。

キャンプ中止でアクアビートへ!

8月14~16日の3日間、ようやく取れたお盆休みを利用して、カヌーなどに乗れる滝の側でキャンプをする予定だった。でも、14日は仕事が入ってしまい、1日縮めて15~16日で行くことに。

ところが、14日はしっかり晴れていたのに、夜から雨が降り出し、雷の轟音で目が覚めた。 朝イチで出かけるつもりで完璧に準備してたのに、こ…これはヤバイのでは?

ネットでお天気情報を見てみると、キャンプ予定地の天気は15・16日とも雨。 しかも、大雨洪水警報に雷注意報が発令されている。 朝早く張り切って起きてきた子供は、「絶対行くよね?絶対行くよね?」と繰り返すけど、ちょっとキビシイかな~という状況。女子供だけのなんちゃってキャンパーの割りには、けっこう雨天でのキャンプ経験もあるけど、近ごろ災害続きなので、増水した河川の側にテントを張るのは危険かも。

7時になるのを待って現地に電話してみたところ、やはり雨が降っていて、川遊びができる状況ではないとか。やむなくキャンセルしたところ、子供が大泣き。

あんまりかわいそうなので何か代替え策を…と考え、雨天でも泳げる大きな屋内プール「アクアビート」に行くことにした。でも、そこはスイスイ車が流れても片道3時間はかかるので、日帰りはキツイ。しかも、悪天候の中、山越えしなきゃならないし。で、お盆の真っ最中にいきなり泊れるところはないか…とネットで探してみたところ、あった! 「アクアビート」から車で15分くらいのところにある、「蘇生の舘」。名前だけ聞くとなんか怪しげだけど、長期滞在する湯治客向けの宿で、自炊のための台所がついているようなところ。食事もアメニティもないから、料金は格安。 さっそく予約し、出発!

途中、時折雨が激しく振り、山越えの時は霧が深くて恐かったけど、無事到着。「うみたまご」という水族館できれいな魚やでっかいセイウチなどを見て楽しんだあと、「蘇生の舘」へ。そこは、フツーの民家の中にまぎれて、フツーの民家のようなたたずまい。でも、こぎれいで、ご主人と奥様がすごく愛想良く出迎えてくれた。部屋は、昔ながらの温泉旅館って感じかな。でも、浴衣や歯ブラシなどは置いてないし、布団も自分で敷く。

Imgp0513

夕食は、キャンプ用に準備した食材を持ってきていたので、雨もパラパラ程度だし、海岸に行ってレッツBBQ♪潮風に吹かれてのBBQは楽しいなっ。 ちょうど、関西に向けて出発する大型フェリー「サンフラワー号」の出航も見られてラッキー!

Imgp0515

夜はラジウム温泉や足湯を楽しみ、リラ~ックス。ぐっすり眠って、翌日朝から「アクアビート」へ。海のように波立つプールや洞窟の中を流れるプール、スリリングなスライダーなどに、子供たちは大はしゃぎ。 屋外にはジャグジーもあり、すっごく気持ちよかった。上の子はスライダー、下の子は波打ち際で大きな波に転がされるのがお気に入りのようだ。

Imgp0518

こうして、天気にたたられキャンプ中止…という最悪の事態をなんとかのりきり、しっかりと家族サービスをして、私のお盆休みは終わった。今日からまた仕事。年末年始のレジャーのために、また頑張るぞー!

保険はやっぱり必要

このところ、豪雨・台風・地震と災害続きのためか、私が住宅保険に加入している損害保険会社から「被害にあわれた場合はご連絡下さい」という旨のメールが届いた。 幸い、ウチは被害にあわなかったけど、もし浸水したり家が壊れたりしていたら、保険のお世話になることになっただろうな。そう考えると、やっぱり万一の時に備えて、保険には加入しておかなくちゃと思うよ。

「保険なんてもったいない」と考えている人もいるみたいだけど、私はしっかり保険をかけておくタイプ。掛け捨ての生命保険にはイマイチ魅力を感じないけど、貯蓄性の高い学資保険や養老保険、貯蓄と保障のバランスがよい終身保険には、複数加入している。学資保険は、息子の進学の際に思わぬ一時金が入ってすごく助かったし、入院特約つきだったので、ケガをして長期入院したときもとても役に立った。 また、損害保険に加入していたおかげで、息子が駐車中の車に自転車でぶつかって傷をつけてしまったときも、自腹を切らずに済んだ。

仕事で車を運転して回ることが多いので、自動車保険にも何度かお世話になったな。最初は不安だったので、代理店の人に言われるがまま最高レベルの保障をつけていたので、保険料がかなり高かった。 なので、運転に慣れて自信がついたら、保険の比較サイトで数社から見積もりを取り、保険料の安いところにのりかえた。

…といっても、料金だけを見て一番安いところに決めたわけじゃない。いくら料金が安くても、肝心のサービスが悪くちゃなんにもならないからね。まず、事故はいつ起こるかわからないから、24時間365日対応してくれること。 そして、たいていはロードサービスつきだけど、延々と待たされるのは不便だから、全国各地にサービス拠点が多いこと。さらに、事故の際に迅速かつ親切に対応してくれ、事故の相手方との交渉能力に優れていること。この3つの条件を満たしている中で、保険料も手頃なところを選んだ。交渉力なんかは、口コミサイトなどを参考にしたよ。

若い頃の保険選びには無駄も多かったけど、近頃はしっかり情報収集してから選んでいるので、手頃な保険料で必要な保障はしっかり備わっていると思うな。

自動車保険 チューリッヒ

ハイビジョンムービーが撮れるケータイ登場!

ケータイの進化はめざましく、カメラ並みの高画質で写真が撮れたり、TVが見られたり、ほんと便利になった。 

そしてついに、1280×720画素のハイビジョンムービーが撮れる国内初のケータイが登場! 日立の「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」という端末で、きれいに撮れるだけでなく、操作もぐっと簡単になっている。

これまでは、「あっ、ここ撮りたい!」と思っても、撮影開始まで時間がかかって撮りたいシーンを逃したりしてたけど、「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」には約1秒で撮影を開始できる「秒撮モード」があるので、即撮影ができる。高画質のままズーム可能な「光学3倍ズーム」や、撮影時に人の顔を検出してピントを合わせる「顔ピタ」、「手ブレ補正」などの便利な機能がついて、難しい操作をしなくてもバッチリ撮れちゃうよ。 これなら、誰にでも簡単!

従来の320×240画素で撮影したものとの画質の違いは、伊東美咲さんが出演しているスペシャルサイト「ケータイLovers」を見れば一目瞭然!その美しさを、ぜひ見てみてね。

火を使わないアロマポット「ティフラ」

私は香りに敏感で、いい香りがしているととっても気分が良くなるので、アロマオイルなどを利用するのが好き。 アロマポットも持ってるんだけど、これはほとんど使っていない。最近もの忘れがひどいので、火を付けたまま忘れていたら…と思うと、心配で使えないのだ。だから、給気口のフィルターにしみ込ませたりして使ってるけど、香り立ちがイマイチ。 やっぱアロマポットを使った方が、部屋中に香りが行きわたるんだろうけど…。

そう思っていたところ、すっごくいいもの発見! 「ティフラ」という電気を使ってアロマオイルの香りを発散させる器械だ。香りのビーズをカプセルの中に入れ、スイッチを入れると、ハーブのステキな香りが部屋中に広がっていく。タイマー付だから、付けっぱなしで忘れる心配もない。これなら、安全・安心だ~!

香りのビーズは、リラックス系3種類と、リフレッシュ系3種類。カモミールのリンゴに似たフルーティーな香りに癒されるのもいいけど、レモンに似たフレッシュで甘い香りのレモングラスでシャキッと元気を出すのもいいなぁ。近頃、バテ気味だし。

「ティフラ」は、市販のアロマオイルをコットンなどにしみ込ませてカプセルに入れれば、専用のビーズでなくても香りを発散させてくれる。だから、いろいろな香りを楽しむことができて、すごく便利! フツーのアロマポットよりは少し高めだけど、安全・安心には代え難い。さっそく注文しよう!

かわいいエコバッグ、ノベルティにぴったり!

私が勤める会社のメイン店舗の一つが、この秋リモデルオープンする。その準備で、このところやたらと忙しい。ちまたでは、すでにお盆休みに入っているところもあるというのに、当分休めそうにもないなぁ。

でも、オープン準備っていうのは、楽しい部分もある。新しく作り上げていく創造的な仕事っていうのは、マンネリ感を吹き飛ばしてくれて、やる気がわいてくるよね。

そういえば、オープンの時にお客様に配るノベルティグッズも用意しとかなくちゃな。

販促グッズ.comでは、ノベルティグッズをネットで簡単に注文できるし、名入れもしてくれるので、何かいいものがないか探してみた。 このサイトではジャンル別に分れてるので、まず「女性向け」のページをチェック。かわいいモノがビックリするような低価格で販売してあって、つい目移りしちゃうけど、商売柄やっぱエコバッグあたりがいいかな?エコガーデンコンパクトバッグなんて良さそう! コンパクトにまとまる折りたたみタイプで、広げると3種類のかわいい植木鉢の柄が現れる。見た目も安っぽくないし、価格も手頃!

これに店名を入れてプレゼントするっていうのを提案してみようかな。

花火大会、最高~!

8月3日から5日までの3日間、「水の祭典」という地元の大きなお祭りが開催された。4日のメインイベントであるパワーストリートは、会議が長引いて見に行けなかった。 お祭の日に会議やるなんて、まったくヤボな会社だよっ! 巨大なカッパ御輿や異様なノリと熱気のそろばん踊り、楽しみにしてたのになぁ。

でも、最終日の花火大会はバッチリ見に行った!西日本最大級といわれる規模で、1万8千発の花火がガンガン打ち上げられる様は、何度見ても圧巻! 私は関東やカナダに住んでいた期間以外は、臨月のときも0才児を連れているときも、毎年欠かさず見物している。

Imgp0448_3Imgp0461_2

今年は花火大会会場である河川敷が豪雨で水没し、遊具も跡形もなく流されていたけど、土砂や流木は急ピッチで撤去されたらしく、ほぼ元通りになっていた。無事に開催できて良かった!

Imgp0455_2Imgp0462_2

仕掛花火もよく見える場所にブルーシートを敷いて、子供2人と花火を堪能。対岸で大玉がドーンと打ち上がると、地響きがするほどの迫力。色とりどりの火花が、頭上から降りそそいでくるようだ。大玉が連続して上がると、「おお~っ!」と歓声が上がり、拍手がわき起る。ラストの超大玉早打ちのときは、会場にいる見物客がみんなでカウントダウンし、「…3、2、1、ファイヤー」の掛け声に合わせて、ズドドドーンと巨大な花火が次々と打ち上げられ、もう、「すごい!」の一言!

Imgp0468_2Imgp0487_2

やっぱ、夏はド迫力の花火だね! お祭りに行けなかったのは残念だったけど、これでスッキリ♪

Imgp0488_2Imgp0498_2

« June 2009 | Main | September 2009 »

March 2022
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ