« April 2010 | Main | June 2010 »

プラチナケーキシリーズの極上モンブラン

会社のアホ上司にムカつき、イライラ気分が治まらない。

こんなときは、甘い物を食べてなごむに限る! というわけで、お気に入りのUchi Cafe SWEETSを買いにローソンへGO!

Uchi Cafe SWEETSのプレミアムロールケーキは最高に美味しく、モンドセレクションで金賞を取ったらしい。 でも今回は、3月から順次新発売されているプラチナケーキを食べてみることにする。現在販売されているのは、ティラミス、モンブラン、チーズ、チョコ、マンゴーの5種類。どれもめちゃめちゃ美味しそう~♪

悩んだ末に選んだのが、このモンブラン。食べたいときにすぐ食べられるように、スプーンまで付いている心遣いが嬉しい。

Imgp1065

ケースから出すと、マロングラッセのような上品ないい香り…☆そして、安物のマロンクリームには見られない茶色い粒々が、本格的なマロンクリームの美味しさを予感させ、期待はマ~ックス!

Imgp1067

スプーンを入れると、ふんわり軽~い感触。口に入れると、まさに高級マロングラッセのような上品なマロンの味と洋酒の香りがふわ~っと広がる。甘さ控えめの滑らかな生クリームが、マロンクリームのコクのある美味しさを一段と引き立てて、口の中が幸せいっぱい~!

Imgp1068

マロンクリームがこんなにも美味しいのは、フランスのサバトン社のマロンピューレを使ってるからなんだって。 世界各国で高い評価を受け、パティシエにも愛用されているサバトン社のマロン製品は、ヨーロッパを代表するアルデッシュ産の厳選された栗をメインに使ってるそうな。こんな高級材料を使い、一流の味を出しているケーキが、210円なんて安い!

美味しくてお得なケーキのおかげで、私のイライラもどうにか治まったよ。

↓どっちにしようか最後まで迷ったティラミス。今度はこっちを食べてみよう!

地獄巡りで極楽気分~♪

ゴールデンウィークのキャンプの2日目は、別府名物「地獄巡り」を楽しんだよ♪

「地獄巡り」というのは、天然温泉が沸きだしている名所巡りのことで、もうもうと湯煙が立ち上り、ボコボコと熱湯が沸き立つ様子が地獄を連想させることから、そんな名が付けられたらしい。 全部で8ヵ所あり、それぞれに入場料が必要だけど、8枚つづりのチケットを購入すれば割安になる。けっこう歩き回るけど、せっかく来たなら全部見ようということで、チケットを購入し、まずはその名も恐ろしい「血の池地獄」へ。

Imgp1013

なぜ「血の池」かというと、酸化鉄や酸化マグネシウム等を含んだ赤い熱泥が地層から噴出して堆積するため、約78℃の温泉の池が赤く染まって見えるから。この赤い堆積物を利用した「血の池軟膏」という塗り薬も売られている。火傷や皮膚病に効くんだって。

Imgp1012

次は、30~40分おきに噴出する間欠泉の「竜巻地獄」へ。蒸気が上がって暖かいせいか、つつじもスクスク育って見事に咲いている。

Imgp1014

10分ほど待っていると…ゴゴゴ~ッと低い地鳴りのような音がして…ブシューッと噴き上がった~!これは150℃の熱湯で、噴気も約101℃もあるそうだ。でも、なんで竜巻なんだろ?巻いてはいなかったが…

Imgp1016

次に行ったのは、ほんのり青みがかった乳白色の温泉の池が広がる「白池地獄」。

Imgp1017

入浴剤を入れたお風呂みたいで、つい入りたくなるけど、約95℃の熱湯。入ったら大変~!ここには、温泉熱を利用した熱帯魚館があり、アマゾンに住むピラルクやピラニアなどの魚が飼育されている。 ピラニアは動きが俊敏で、凶暴な感じ。

Imgp1018

次の「鬼山地獄」では、温泉熱を利用して約100頭の巨大なワニが飼育されていて、別名「ワニ地獄」とも呼ばれている。

1

元気が良くて1メートルほどジャンプすることもあるので、絶対に柵から乗り出したりしてはいけない!

Imgp1023

次に行った「かまど地獄」には、小ぶりな温泉の池が数種類。温泉といってもいろいろあるんだなぁ。

Imgp1031
Imgp1029

ここでは噴気を利用して炊いた釜飯などが売られていた。また、青い池の向こう側には噴気を吸い込むコーナーがあり、花粉症にも良いということなので、思いっきり吸い込んだよ。ただし、ときどき勢いよくシューッと噴き出てくることがあるので、その場合はよけないとかなり熱い!

Imgp1028

次の「山地獄」は、温泉熱を利用して動物が飼育されており、子供に大人気♪

Imgp1036

ここのお湯は透明。触ってみたら熱かった!だって90℃だもん。

Imgp1039

暖かい環境が合っているからか、ゾウはとっても活き活きしてて肌つやが良い。

Imgp1034

可愛いリスも、元気に走り回ってる。

Imgp1033

動物園では「動かざること山のごとし」のカバさんも、すごく活動的!毎日温泉に入ってるんだって。うらやましい~★

Imgp1040

次は、灰色の熱泥がボコボコと沸騰する「鬼石坊主地獄」へ。熱泥が丸く盛り上がった様子が坊主頭に似ていることから、この名が付いたのだとか。

Imgp1043

ここでは足湯に入って一休み。

Imgp1045

最後は、別府地獄の中で最大の「海地獄」。 海地獄は、温泉中の成分である硫酸鉄が溶解しているため、とても美しいコバルトブルーの色をしている。温度は、約98℃。

Imgp1055

温泉に向かって伸びた竿の先には…

Imgp1050

卵が入ったザル!こうして作られたゆで卵は、黄身がしっとりしてすごく美味しい。

Imgp1051

ここでは、温泉熱を利用してアマゾン地方原産の大鬼蓮(オオオニバス)を栽培していて、大きく育った8月頃だと、人が上に乗って浮かぶことができるんだって。面白そうだけど、体重20Kgくらいまでだからぜんぜん無理~! ここでも足湯に入ったけど、すごく熱くて、足首から下が真っ赤になったよ。

Imgp1059

こうして8ヵ所の地獄を満喫し、地獄の噴気で蒸したおまんじゅうを食べて、帰路についた。たったの2日間だったけど、キャンプ&地獄巡り、とっても楽しくて充実した休日だったな♪

Imgp1057


志高湖でキャンプ!

世間が大型連休で盛り上がる中、連日残業で忙殺されていた私も、やっと5月2日・3日に休みを取ることができた。たった2連休だけど…

そこで、留守番ばかりで退屈していた子供たちを連れ、軽自動車にキャンプ道具を一式押し込んで、志高湖へGO! 志高湖は、由布岳と鶴見岳を仰ぎ見る位置にある海抜600mの高原の湖。眺めはいいし、フリーサイトで一部禁止区域を除きどこでも自由にテントを張れるので、ゴールデンウィークはかなり混み合うらしい。早く行って、いい場所を確保せねば!

3時間山道を飛ばして、やっと到着~♪すでに炊事場近くは満杯状態だったけど、なかなかいい場所を確保し、テントを設営。

Imgp1001

昼食を済ませて、湖の周りを探索に出かけた。湖の周りを1周する馬車も走っているけど、私たちは豊かな自然に触れながら、のんびり徒歩で回ることにする。

Imgp0992

湖に住む、可愛いアヒルさんが近寄ってきたよ♪

Imgp0993

草地には綿毛になったたんぽぽがいっぱい!元気に飛んで行け~♪

Imgp0996

卵を温めてる白鳥、初めて見た!

Imgp0998

散策の後は、お風呂に入りに別府の町へ。やっぱ別府に来たら温泉に入らなくちゃ! 海辺の温泉館には、普通のお風呂の他に、打たせ湯やミストサウナなどがあった。ミストサウナは、普通のサウナと違って息苦しくならないので快適~♪ 娘は、桶シャワーが気に入ったようだ。紐を引っぱると、頭上の桶がひっくり返り、バシャーッと水を浴びせられる。お湯ならまだしも、水だよ、水! 私はやらなかったけど、娘は修行僧さながらに何度も浴びていた。さらに外には、水着着用のスパがあり、そこでは息子とも合流。海と海浜公園を眺めながらジャグジーでくつろぐのは、最高!

温泉を満喫した後はキャンプ場へ戻り、お約束のバーベキュー♪夜は、ジャンパー着て寝袋に入って毛布2枚掛けても寒かったけど、夜が明けると暑いくらいの陽気! 朝食後に、湖の周りをお散歩したよ。湖の向こうに見えるのは、満開を少し過ぎたけどまだまだきれいな八重桜。

Imgp1005

鶴見岳もよく見える~♪

Imgp1007

湖には色とりどりの鯉もいる。鯉を見ると、なぜかエサをやらずにはいられない。

Imgp1008

ペダルボートに乗ると、すぐ近くまで鯉が寄ってくるよ。ぶつからないか、ちょっと心配…。

Imgp1009

優雅な白鳥も、すぐ近くまで泳いでくる。

Imgp1003

楽しくボートをこいでると、見慣れない鳥を発見! なんと、水面を走ってる~!忍者鳥 近くで見ようと、私と息子でうおぉぉ~っとものすごい勢いでペダルをこぎ、娘がハンドル操作をして、その鳥を追跡。走る姿は残念ながら速過ぎて撮れなかったけど、静止した姿をやっとカメラに収めた。

Imgp1010

自然の中には、いろんな発見があって面白いなぁ! キャンプ満喫の後は、別府の町に降りて、いざ地獄巡りへ! (次回へ続く)

FIFAワールドカップのキャンペーンに応募☆

来月から、南アフリカで2010 FIFA W杯が開催される。 お祭りと踊りが好きな陽気な国でのW杯、すごく盛り上がりそうだなぁ♪顔に日の丸とか描いて、ノリノリで応援した~い!

2010 FIFA W杯 南アフリカ大会のオフィシャルパートナーになっているVisaでは、「2010 FIFAワールドカップ™南アフリカ大会応援ツアーキャンペーン」というのをやっていて、なんと現地で「日本VSカメルーン戦」「日本VSオランダ戦」(いずれも4泊7日)「決勝戦」(3泊6日)のツアーが当たる!

以前、カメルーンチームが滞在していた中津江村に行ったことがあるんだけど、滞在から数年たっているにもかかわらず、選手のパネルやユニフォームなどが飾ってあり、なんか親しみがもてたので、日本VSカメルーン戦を観戦してみたいなぁ。でも、4泊7日なんて、絶対休み取れないや…。

だったら、日本VSオランダ戦のパブリックビューイングイベントでもいいな。CHEMISTRYやFUNKY MONKEY BABYSなどの豪華アーティストライブもあって、すごく盛り上がりそうだもん!

こんな太っ腹な懸賞なのに、応募条件はゆるゆる~♪応援ツアーへの応募は、申し込みサイトに必用事項を記入すれば誰でもOK! パブリックビューイングイベントの応募は、Visaカードを期間中累計2000円以上使用することが条件。、Visaカード持ってるし、ゴールデンウィーク中にお買い物に行こうと思ってるから、2000円なんてすぐ使っちゃいそう。

そこで、さっそくパブリックビューイングイベントの方に応募~♪当るといいな。

« April 2010 | Main | June 2010 »

March 2022
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ