« July 2010 | Main | September 2010 »

中冨くすり博物館でお勉強~☆

夏休みももうすぐ終わりだけど、例によって自由研究や工作などのやっかいな宿題がまだ終わっていない娘。 そこで、自由研究のネタを仕込みに、「中冨記念くすり博物館」へ行ってみた。

薬というと、「富山の薬売り」が有名だけど、このへんでは「田代の薬売り」がメジャーだったのだとか。そこで、田代の地に薬の歴史を伝える博物館が建立されたらしい。

入口にはこんなのが…。昔は、こうやって手間暇かけて薬を作り、軟膏の入れ物としてハマグリなども利用されていたらしい。

Imgp1494

で、このような格好で薬を担いで、山超え谷超え村を渡り歩き、各家庭に薬箱を置いて、1年後くらいにまたやってきて使用した分を精算し、補充していく。

Imgp1517

建物の周囲には、薬の材料になるハーブの庭が広がっている。

Imgp1498

湿地に生えているガマには、止血効果があるそうだ。

Imgp1501

お灸のもぐさなどにも使われるフイリヨモギ。

Imgp1510

秋の七草の一つであるオミナエシには、化膿止めの効果あるとか。

Imgp1507

博物館の中に入ると、理科室にある人体模型みたいなのがあって、動脈・静脈・神経などが細かに再現してある。夜見たら怖そう。 薬を作るのに使われていた器具なども、いろいろ展示してある。これは、2種類の材料を混ぜ合せるときに使うもの。

Imgp1495

こちらは、手前が材料をすりつぶす器具、奥が加熱する器具。

Imgp1496

珍しい物がいろいろあるんだけど、ほとんどが撮影禁止で写真に収められなかったのが残念! これは、パンフレットの画像。

Photo_3
Photo

左側に見えてるのは、昔の薬屋さんの再現。かなりリアル~☆

1

外国の薬屋さんを再現したものもあったけど、日本のとは全然雰囲気が違う。魔法使いが経営してそうな不思議な感じで、なんかワクワクする♪

Photo_2

昔の道具は重厚感があるなぁ。

Photo_4

薬の材料のコーナーには、スゴイものが展示されていた。 トラの頭蓋骨(中央左よりのクロサイの角の隣、ガラスケース内)。クロサイの角の前の丸いガラスケースには、猿の頭蓋骨の黒焼きが入っている。左の方の細長いガラスケース内は、マムシを開いて干したもの。中央下の灰色っぽくて丸いものは、馬の体内にできる結石。子供の頭くらいの大きさだ。ちなみに、漢方でよく聞く牛黄というのは、牛の体内にできる結石なんだって。他にも、セミの抜殻とか、オオムカデの干物とか、コウモリの糞とか…う~スゴ過ぎ! 私は漢方薬はけっこう好きだけど、こういうのを知らずに飲んでるのかなぁ。

Imgp1497

医学が進歩していなかった時代、人々が苦心して病気から身を守っていたことが伺えて、とっても勉強になったよ! 娘の自由研究も、これでバッチリ!…だといいな。

1_2

王子宮でそうめん流し♪

8月21日、地域の子供たちのために公民館で開催されている「土曜塾」でそうめん流しが行われた。塾といってもお勉強するわけではなく、折紙や茶道や太鼓などを地域の方達に教わる楽しい塾 娘は折紙のクラスに通っている。

集合場所の王子宮は、山裾のひっそりとした場所にあり、そこまでの道は細い。だから、車ではなく徒歩で行く。

Imgp1463

そうめんを流すのは、山から切り出した竹を真っ二つに割ったもの。

Imgp1465

学校行事ではないけど、校長先生も参加し、「山の水がなぜ冷たいか」を説明。今年赴任してきた校長先生、けっこうカッコいい。

Imgp1467

大きな鍋でそうめんを茹でて…

Imgp1464

山の井戸から引いてきた冷た~い水を竹に流す。

Imgp1470

さあ、そうめん流すよ~!

Imgp1477

早く流れてこないかな~♪

Imgp1478

めんつゆを入れる器も、切り出した竹で作ったもの。

Imgp1471

まだかな~。上流で取られちゃって、なかなか流れてこないな~。

Imgp1472

きたーっ!そうめんGETだぜ!

Imgp1473

お友達も取れたかな?

Imgp1474

山の清らかな水で冷やされたそうめん、おいしいなっ!

Imgp1475

そうめん流しの最下流は水浸し…

Imgp1487

お手伝いした地域の皆さんに、茶道クラブより野点のサービス♪

Imgp1486
Imgp1484

清水の流れる山間のお宮でのそうめん流し、涼感があって楽しかったよ!

Imgp1488

キャンプ最終日、由布院へ♪

楽しかったキャンプも最終日。今回は夕立もなく、天気に恵まれたおかげで、テントの撤収作業も楽々~♪ テキパキと片づけ、ゴミもきれいに拾い、朝風呂を浴びて身支度完了! 今日は由布院散策へ。

駐車場が空いてるか心配だったけど、金鱗湖のすぐ近くの駐車場に駐めることができた。 フリータイムで何時間駐めても400円! 良心的~♪「はい、400万円ね」と懐かしいことを言う駐車場のおじちゃんもいいわぁ☆

金鱗湖は、こんなのどかな眺めの湖。

Imgp1420

ガチョウ(?)なんかもの~んびり泳いでる。

Imgp1423

周囲の観光客向けのお店も、風情を損わないようにしっとりとした造り。

Imgp1426

金鱗湖という名前は、魚の鱗が輝いて金色に見えることから付けられたらしい。実際、この湖には魚がたくさんいる。しかも鯉とかフナとかじゃなく、変わったヤツが!

Imgp1422
Imgp1421
Imgp1424

魚を眺めたあとは、レトロな街並を散策。ガラス細工や木工細工のお店、オルゴール舘、ゲゲゲの鬼太郎やジブリショップなど、ステキなお店がたくさんあったよ♪

Imgp1458
Imgp1459

懐かしの鉄腕アトム。

Imgp1460

懐かしのウルトラマン。息子は嫌がってたけど、妙に似合ってる?

Imgp1461

私も子供たちも大好きな「ワンピース」のマニアショップもあって、かなりテンション上がった!カッコいいフィギュア、カッコいいTシャツ、カッコいいのれん。どれもこれも欲しい~!…でも高い。 買えないので、大好きなゾロだけカメラに収めさせて頂きました。

Imgp1462

道に迷って歩き回った末、お目当ての「迷宮舘」に到着~☆由布院には美術館がたくさんあり、ここもその一つ。ただし、ここに展示されているのはトリックアート。

下の画像の3人のおじさん、どうみても右端の人が一番大きく見える。でも実際は、3人とも同じ大きさ。不思議~!

Imgp1453

こんな風に、絵の中に入って撮影することができるよ♪

Imgp1455

娘は平面な壁に描かれた絵の前に立っているだけ。でも、奥行のある部屋の階段に腰掛けてるみたいに見えるでしょ?

Imgp1451

この階段も、手前の2段だけが本物で、後の段や犬は壁に描かれた絵。

Imgp1443

あれっ、娘が首だけに… これは鏡を使ったトリック。

Imgp1433

ふと床を見ると…お札が落ちてる! でもこれも本物そっくりに描かれた絵。だまされて拾おうとする人、絶対いるだろうな。

Imgp1441

狼男が出てくる~!

Imgp1450

今度は恐竜~!息子がパンチを一発! もちろんこれも壁に描かれた平面な絵。

Imgp1440

太った女性に娘が抱きかかえられているように見える。娘の腰に回しているのは、娘自身の腕なんだけど。

Imgp1445

息子が指先で逆立ち~。

Imgp1447

娘は天井に張り付いている?実はこれ、逆さまに絵が描いてある。 息子は床に立ってバンザイし、娘は床にうずくまっているだけ。

Imgp1446

出てこ~い!と、足を引っぱってみる。

Imgp1448

あっ、額縁を壊しちゃった! これも絵だけど、娘の顔がリアル☆

Imgp1456

サメに噛まれる~!手の位置が絶妙♪

Imgp1432

すごい迫力の大男!食べられちゃうよ~

Imgp1442

他にも、平衡感覚が無くなる部屋とか、雲がムクムク動いて見える絵とか、面白いアートがたくさんあったよ!

こうしてキャンプ最終日もたっぷりエンジョイし、帰路についた。休日って、どうしてこんなに時間が過ぎるのが早いんだろう? 翌日からさっそく仕事…はぁ~。 でも、また楽しいお出かけするために頑張るぞっ!

三日月の滝でキャンプ!~2日目

キャンプ2日目の朝。 川沿いの朝の空気は清々しくて気持ちいい。まずは朝ご飯。

Imgp1365

昨夜は息子の具合が悪くなったこともあり、お風呂に入り損ねたので、朝風呂を浴びることに。 お風呂は、一応囲いはあるけど隙間だらけの開放的な露天風呂。

Imgp1413
Imgp1414

風呂上がりは、さっぱりして気持ちいい~♪

Imgp1367

網を持って、朝のお散歩へGO!

Imgp1389

セミやトンボ、バッタなど、虫はたくさんいる。朝早くなら、カブト虫なんかもいるかもしれない。真っ黒な羽を蝶のようにひらひらさせて飛ぶ優雅な羽黒トンボもいたよ。

Imgp1369

都会ではあまり見ない大きなサイズのカエルもいるし…

Imgp1366

草むらの中にヘビもいる。 (黒っぽいのがヘビ)

Imgp1378

お散歩から帰ると、さっそく川へ。朝の川の水は、一段と冷た~い!

Imgp1379

昨夜具合の悪かった息子は、今日はほぼ治まったようだけど、冷たい水に入るのは控えて荷物番。

Imgp1394

娘は冷たさにもすぐに慣れ、深いところへどんどん泳いでいく。

Imgp1392

でも、遊ぶために人工的に作られたプールと違い、川は怖い。 カーブの内側である浅瀬は流れも緩やかだけど、カーブの外側に行くにつれ、水深も深く流れも速くなっていく。胸の高さくらいまで深いところに行くと、足がついていても流されそうなくらい。足がつかない子供なんてあっという間に流れにさらわれてしまうから、絶対に目が離せない。というか、手が離せない。

Imgp1383

楽しそうに泳ぐ私たちを見て、息子もだんだん水に入りたくなってきたようだ。

Imgp1396

ついに水着に着替えてボートを漕ぎだした。元気が出てきたみたいで良かったな♪

Imgp1401

夜には、昨日やれなかった分も花火をエンジョイ!こんなにたくさんあるよ♪

Imgp1403

面白いのが「カレーのニオイがする花火」。袋を開けると、確かにカレー臭が…。でも、火をつけたらカレーだかなんだかわからなくなった。どうせなら、火をつけたときにカレー臭が炸裂するとインパクトあるのにな。

Imgp1402

花火をしにテントから川原へ向かう。道は真っ暗…。

Imgp1405

懐中電灯の明かりを頼りに川原へ降りると、何か黒い影が横切った。たぬき?いたち?暗くて何にも見えないよ~☆なんかコワイし、風も強かったので、とにかく火を絶やさないようにしてバチバチ花火をやりまくった。 打ち上げは禁止なので、手持ち花火のみだけど、色とりどりの花火にけっこう盛り上がったよ。

Imgp1411
Imgp1406

…実は、暗くなる前にパッケージ入りの花火の写真を撮り、日が暮れてから川原に向かう途中の道で写真を撮るまで、カメラには触れていない。なのになぜか、この2枚の写真の間に撮った覚えのない写真が1枚あった。それがこれ…。これは一体…ひぇ~っ!

Imgp1404

ぞ~っとするけど、キャンプはまだ続く。明日は由布院まで足を伸ばす予定~♪

三日月の滝でキャンプ!~1日目

休みの少ない私も、14~16日はお盆休みをとることができたので、3日間フルに活用してキャンプへGO! 行先は、「三日月の滝キャンプ場」。

これまで行ったキャンプ場に比べると、あまり山奥ではなく平地に近いところにあるけど、川はこのとおり自然豊かできれい。

Imgp1412

近くの山の上では、風力発電の風車が回っている。

Imgp1417

ここが「三日月の滝」。写真ではわかりづらいけど、三日月の形になってるの。

Imgp1376

落差は5メートルで、近くで見るとけっこうな迫力!この滝には、醍醐天皇の孫の小松女院が、身分違いの恋のために豊後国に配流された清原正高を追ってこの地まで来たが、正高が既に結婚したと聞いて、侍女らとともにここに身投げしたという伝説がある。キャンプ場に隣接して、うっそうとした木々に囲まれ、小松女院を祀る神社も建っている。ちょっとコワイ…。 数年前には、滝の近くで泳いでいた小学5年生の男の子が溺れそうになり、中学生の兄と父親が助けに行って、一旦は3人そろって岸に泳ぎ始めて事なきを得たかに思えたのに、なぜか父親だけが滝の方へと引き込まれていき、溺死したという事故もあったと聞く。滝には近づかないよう、十分に安全配慮して遊ばなきゃ。

Imgp1370

まずはテントを設営。

Imgp1353

水着に着替えて、さっそく川へ繰り出し、魚を捕まえようと網を振り回す娘。

Imgp1354

浅いところには、メダカより一回り大きいくらいの稚魚がたくさん泳いでいる。写真の中央に魚影が写ってるんだけど、見えるかな~?

Imgp1381

でも、なかなか捕まらないので、すぐに泳ぎだす。

Imgp1358

今度はゴムボート♪

Imgp1356

妹のお守りに飽きた息子は、水深の深いところへ向かい…

Imgp1359

ボート漕ぎの練習。川の向こう側は、ものすごく切り立った崖。

Imgp1361

川の水は冷たく、寒いくらいだったけど、夕方まで川で遊んだ。さあ、夕食の支度をしなくっちゃ。…でも、なかなか火が熾せない。 息子と私とでうちわを持って、扇ぐ扇ぐ扇ぐ~!さらにふーっと息を吹きかける!疲労と酸欠でハイになった私は、なぜかガンダムの歌を歌っていた。「燃え上が~れ燃え上が~れ燃え上が~れガンダム~

Imgp1362

その甲斐あって(?)、どうにかこうにか火を熾すことができ、バーベキュー開始♪苦労して支度した夕食は、一段と美味しかった!

Imgp1363

予定ではこの後に花火をするはずだったんだけど、ここでトラブル発生。 猛暑の上に部活で心身共に疲れて夏バテ気味だった息子がダウン。冷たい川で冷えたのと、火熾しで頑張った疲労で、腹痛を起こしてしまったのだ。お腹を温めて横になっていればいくぶん楽だということだったので、上着を腹巻き代わりにして、今夜は早めに寝ることにした。明日は元気になりますように…

Imgp1364

霊山で花火見物…

水の祭典のフィナーレを飾る8月5日の花火大会は、カナダから帰国してから20年間、一度も欠かさず見に行っていた。臨月の時でさえも。

だって、西日本最大級の花火大会。1万8千発。開いたときの直径が320メートルにもなる1尺玉。夏といえば花火、しかもこんな超ド級の花火大会が催されるというのに、家でじっとしてられようか。行くでしょ、当然!

ところが、8月5日に営業会議が入ってしまった。 会議が終わるのはだいたい8時過ぎ。花火大会は7時40分から9時過ぎくらいまで。いつも5時半頃出発してるけど、それでも道は渋滞してるし、いい場所を確保するのは大変。会議終了後にダッシュで行っても、見られる可能性はほとんど無い。

当日…会社を出たのは8時10分。遠くから、ドーンドーンと花火の打ち上げられる音が聞こえてくる。あ~どうしても見たい!

で、帰宅して子供たちを車に乗せると、制服のまま、夕食も食べずに飛び出した。 向かうは、花火大会会場ではなく高良山。

高良山は、式内明神大社高良玉垂命神社が奉られ、鬼が積み上げたといわれる神籠石が並ぶ霊山。いろいろとコワ~イうわさもある。 車道は細く、傾斜が急で、きついヘアピンカーブの連続。 とても夜に行きたい場所ではないが、市が一望に見渡せる山の上からなら花火が見られるかも…という苦肉の策。

暗黒の山道を怖がる娘をなだめながら、タイヤをきしませて走る、走る! ドリフト族か? 息を切らせて到着すると…小さいけど見えたーっ!

Imgp1291
Imgp1290

色とりどりの花火…

Imgp1295
Imgp1294
Imgp1309
Imgp1302
Imgp1329

これは大きい! 1尺玉かな?

Imgp1313

ハデに上がりだした。そろそろ終盤…たまや~!

Imgp1334
Imgp1346
Imgp1347
Imgp1351

どうにか見られた。 でも、いつも花火師の動きが見えるほど間近で見ている私にとっては、かなり不満。 まあ、夜景がきれいだったからいいか…。

来年は、ぜったい目の前で見るぞ~!

水の祭典~夜の部♪

「水の祭典」夜の部は、1万人の総踊り。 7時から9時までの2時間、「そろばん音頭」「そろばんバンバン」「サンバDEそろばん」の3曲を延々と踊り続ける。昔は「そろばん音頭」オンリーだったけど、さすがに飽きるし若者向けではないと思ったのか、ノリのいい2曲が加わった。

夕暮れが近づき、各団体の皆さんは、思い思いのコスチュームでスタンバイOK!

Imgp1219
Imgp1220

最初は伝統的な「そろばん音頭」。昔はみんなこういうそろばんを持って踊ってたけど…

Imgp1221
Imgp1233

今どきそろばんなんてあまり見かけなくなったせいか、飾りを付けたうちわなどをそろばんの代わりにしているチームも多い。

Imgp1222

昼の部で頑張っていた自衛隊の皆さんは、夜も頑張っている! 自衛隊が活躍するのはお祭りの時だけ…っていう平和な世の中がずっと続くといいなぁ。

Imgp1224

自衛隊の最後尾で踊っているのはガンダム。実はモビルスーツに憧れている?

Imgp1226

踊っている人たちの後から、実行委員会の人たちが冷たいお茶を持って、踊りながらついてくる。猛暑の中2時間も踊るんだから、水分補給はしっかりしなくちゃね。沿道で見ている人たちにも、お茶やうちわが気前よく配られる。うちわ、6枚ももらっちゃった♪

Imgp1227

娘は夜店でジャンボビニール風船ヨーヨーを買った。うるうるした瞳に一目惚れ~ スーパーボールすくいで、光る金魚のおもちゃもGETしたよ♪

Imgp1228

日頃は緊張した面持ちで仕事に臨んでいるであろう病院の方達も、この日はハッチャケ~!

Imgp1237
Imgp1242

背の高~い目玉おやじも歩いてる…。

Imgp1244

華やかな理美容師協会の皆さん。 この頃になると沿道は人の波。なかなか写真を撮るポジションが確保できず、アングルもピントもハズしまくり…。

Imgp1250
Imgp1253

フラメンコクラブの皆さん。美しい~!

Imgp1255

光る角☆夜はやっぱ光り物がいいよね~。

Imgp1258

でっかいかかしを引っぱりながら踊っているのは、自然食レストランの皆さん。

Imgp1261

祭りもクライマックスに近づくと、「飛び入り参加」の呼びかけが始まる。 エントリーしてなくても、踊りたいヤツはみんな踊れ~!というノリ。

Imgp1263

不動産屋さんのメリー号もやって来た!

Imgp1265

水天宮様のお祭りだから「水の祭典」と名付けられているだけあり、ときおり予告無く放水が!午後1番に行われる御神輿では、沿道からホースやバケツで水がバシャバシャ浴びせられる。

Imgp1267

でっかいそろばんも通る。

Imgp1269

司会者席から花火が吹き出し、そろそろ祭りも終わりに近づく。

Imgp1260

地元銀行の皆さんも、手を振って名残り惜しそう。

Imgp1270

消防署の皆さんが、好評のはしご乗りを最後にもう一度披露。

Imgp1271

「水の祭典、終了致します!皆さん、ありがとうございましたーっ!」の声と共に、踊りの行列が練り歩いていた大通りの中央分離帯から、水がブシューッ 数メートルの高さに勢いよく噴き上がり、水しぶきが降りそそぐ。大人も子供もハイテンションで水浴び~♪

Imgp1276

デジカメ、やばい! でも楽しいからつい浴びちゃう~!

Imgp1274

こうして「水の祭典」本祭は終わった。翌日5日は、フィナーレの花火大会♪でも、会社の営業会議が…! 今年は無理なのか?何とかしてちょっとでも見られるか?結果はまた次回…☆

水の祭典~昼の部♪

毎年8月3日~5日は、地元最大のお祭り「水の祭典」が開催される。3日は本祭前のプレイベント、4日の本祭は市内のメインストリートがお昼から夜まで歩行者天国になり、道の両側にズラリとお店が並び、パレードが練り歩く。そして5日は、祭りのフィナーレの花火大会。
平日の昼間からなので、これまで4日の本祭にはなかなか行けなかったけど、今回は小学校のプール監視で半日有休をとった日と重なったため、監視終了後、娘を連れてお祭りに直行~!

開始から3時間ほど過ぎていたけど、平日昼間とあって、まだ人出はそう多くない。ちょうどやって来たのは、AKB48の曲に乗って踊るホテル従業員の皆さん。

Imgp1173

続いてバトントワリングチーム。男の子もたくさんいて、優雅でカッコいい!

Imgp1175

小さな子供たちも、とっても可愛い~♪

Imgp1176

婦人会の皆さんも、猛暑の中踊ってます!

Imgp1179

おきあげ山車は、かなり重そう…。

Imgp1180

お次は、コスモス街道で有名なK町の女子高生の皆さん。

Imgp1181

続いて、巨大な馬の登場~!

Imgp1183

これは、稲の切り株につまずいた斉藤別当実盛が手塚太郎光盛に討ち取られたとされる「篠原の合戦」を、 竹とワラで作った武者人形と巨大な馬を操りながら再現した「けんか祭り」。

Imgp1184

次もデカいぞ、大獅子だぁ~!上に乗ったお兄さんの口上が粋だねぇ!

Imgp1190

ぶしゅーっという音を立てて、煙吐いた~!

Imgp1193

勇壮な太鼓の音と共に現われたのは…

Imgp1198

自衛隊の皆さんによる武者行列。カッコいい~けど暑いだろうなぁ…。

Imgp1196

うって変わって、呉服店より浴衣の美女たちの登場。

Imgp1199

有馬火消し姿の消防署の皆さんが見上げる先には…

Imgp1203

あんな高いところではしご乗り!

Imgp1202

ぐらぐら揺れてる…!

Imgp1206

こんな事ができるのも、日頃の訓練の成果なんだろうなぁ。ご苦労様です!

Imgp1210

太鼓の競演が始まって、昼の部はもう終盤。

Imgp1211

エスニックな太鼓もカッコいい。

Imgp1215

祭りの主役である巨大カッパがにらみを効かす。緑のカッパも焼酎を飲んで赤くなった?

Imgp1213

人出もだんだん増えてきて、お店も賑わってきた。焼鳥の煙が…ん~いいニオイ♪猛暑でも衰えることのない食欲。

Imgp1212

これからぞくぞくと人が増え、エキサイティングな夜の部が始まる。 続きは、次回の記事で!

夏はやっぱり海ーっ!

近くにきれいな海が無いため、もっぱら山間の清流で泳いでたけど、なんか今年は無性に海に行きたくなった。 そこで、いろいろ調べて、車で2時間半くらいの所に穴場の海水浴場を発見! そこは、7・8月のみ海水浴場として解放されるけど、それ以外の時期は立入り禁止の場所。だから、砂浜も海水もとてもきれいらしい。 ここに決まり~♪ということで、昨日行ってみた。

その近辺は県道沿いにいくつも海水浴場があるけど、そこは県道からはずれてくねくねと細い道を行く。舗装されてない木のトンネルに覆われた道を進み、「こんなとことに海なんてあるの?」と思っていると、お化け屋敷のようなオンボロの海の家が見え、その向こうにちらりと海が!実にわかりにくい穴場スポットだ。

砂浜に降り立つと、噂どおりの白い砂、青い海! 

Imgp1134

夏休みの日曜だというのに、混雑もしていない。理想的~☆

Imgp1141

日焼止めを塗る時間ももどかしく、さっそく海へGO!

Imgp1135
Imgp1148

砂は細かくて肌触りが良く、海水はこんなに透明度が高い。

Imgp1154
Imgp1145

きれいな海に大喜びで遊んだあとは、日よけテントで昼食。ここは食料を持参しないと、食事ができるようなお店はない。でも、キャンプ慣れしてる私たちは、クーラーバッグで冷たい飲物もたくさん持ってきてたし、ノープロブレム

Imgp1156

うろちょろする娘の足を砂に埋める息子。まさに足止め?

Imgp1158

ここは遠浅で安全だけど、玄界灘に面しているし、この日は風も強かったので、けっこうな波があった。それほど深くない所でも、波がくると体が浮き上がって足がつかなくなる。でも、海の面白さはやっぱり波!浮輪にのって波に揺られるのは気持ちいい~!

Imgp1151

波打際では、押し寄せる波と引き戻す波の力がすごく、かなりもみくちゃにされる。娘は面白がって転がり回ってたけど、いつの間にかゴーグルを波に持って行かれてしまった。

Imgp1143

息子は泳ぎが得意だし、娘も足がつかなくても波が荒くても怖がらない。潜っては貝殻だのワカメだのとってくる。海女か?

Imgp1163

泳ぎに飽きると海水をくんできて…

Imgp1168

砂遊び。掘っていると、ん?何か動いて砂に潜っていった…

Imgp1165

砂を掘ってみると、生きてる貝がごろごろ出てくる!息子と私も加わって、つい夢中になって貝掘りをしてしまった。

Imgp1171

こうして1日楽しく遊び、帰路についた。トイレが汚いという難点はあるが、この海は最高! ぜひまた行きたいな。

« July 2010 | Main | September 2010 »

March 2022
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ