« October 2012 | Main | December 2012 »

博多駅前イルミネーション&プロジェクションマッピング

博多小学校へ向かうため、無料巡回バスに乗ろうと博多駅に行くと、駅ビルの壁面はすっかりクリスマス仕様。

Img_5046

駅前広場の街路樹も、すべてキラキラ~☆

Img_5025

光のトンネルをくぐって…

Img_5026

こちらが出口。

Img_5028

きらめく光の舞台は、撮影スポットとして大人気。

Img_5029

斜めから見たところ。

Img_5047

その向こうにも、まだまだイルミネーションが続く。

Img_5030

光の汽車ぽっぽは、お子様に大人気♪

Img_5036

天井には、降り注ぐ星のようなオーナメント。

Img_5034

ゆっくりと色が変わるツリーは、パステルカラーの優しい光。

Img_5037

離れてみると、こんな感じ。

Img_5033t

バスを待つ間の短い時間だったけど、イルミネーションを満喫し、博多小学校へ。 雨脚が強まり、子供たちの絵が描かれた紙灯篭は濡れないように片付けられていて、少し寂しい光の道。

Img_5041

でも、校舎をスクリーンにして映像が映し出されるプロジェクションマッピングは見ることができたよ♪ハウステンボスで見たような3Dの迫力は無かったけど、とても可愛らしくて心が温まる作品。特に体育のシーンが好きだなぁ♪

千年煌夜の会場のうち2つを見られなかったのは残念だったけど、初めての寺院のライトアップとイルミネーションもたくさん見られて満足♪ 来年は、今年見られなかったところを絶対見るぞ~☆

幽玄な美しさ…博多千年煌夜

博多千年煌夜に出かけ、まず初めに訪れたのは、山笠で有名な櫛田神社。

Img_4987t

風流な植物のオブジェも飾ってある。

Img_4989

普段は入ることが出来ない神社の内部には、大きな天狗のお面がいくつもあった。

Img_4990

暗い境内を、植物の茎のようなもの(葦かな?)で作られたランプシェードから漏れるやわらかな光が照らす。

Img_4991t

樹齢約千年といわれる櫛田神社の大銀杏も、美しくライトアップ。

Img_4988t

次に訪れたのは、節心院。

Img_5012

静寂に包まれた広い庭に、紙灯篭がぽっと灯っている。

Img_5011

山門に置いてあったおしゃれな石灯篭♪

Img_5010

順心寺では、石仏が暗闇にひっそりと浮かび上がっていた。

Img_5005

砂紋が描かれた庭。わびさびの世界だなぁ。

Img_5004

灯篭の向こうにも、まっすぐな砂紋が続く。

Img_5008t

円覚寺では、靴を脱いでお寺の中に入り、中庭を見ることができた。中庭の向こうの赤い毛氈が見える部屋では、お茶会が行われている。

Img_5016

放射状に広がる光が美しい!

Img_5014

…と、ここまでは順調だったけど、妙楽寺は入場待ちの行列ができてて、20分以上かかるという。各会場とも入場できるのは6時~8時45分の間だけだし、徒歩で移動するのにけっこう時間がかかるので、20分も待ってたら他のところを見る時間がなくなってしまう。そこで、妙楽寺はパスし、承天寺へ。承天寺の境内には、勇壮な山笠が飾られていた。櫛田神社にあったのが「飾り山」と呼ばれるのに対し、こちらは担いで走るやつで「舁き山」と呼ばれる。

Img_5019_2

仏様も、おごそかにライトアップ。

Img_5021_2

さあ、この先はいよいよ一番見たかったお庭…と思ったら、入口前にとんでもない長蛇の列! 待ち時間が長いせいか、出店で買ったうどんなどを食べながら並んでいる人も。 ブルーにライトアップされた波のような砂紋をぜひ見たかったけど、1時間待ちということなので、並んでいても時間切れで見られないかも。後ろ髪を引かれながらここもパスして、東長寺へ。こちらは、チケットを購入する人は並んでいたけど、すでにチケットを持っていた私たちはスムーズに入れた。ライトアップされた紅葉が美しい♪

Img_5002

仏様には、高貴な紫がよく似合う。

Img_5000

威風堂々とした本堂。

Img_4997

ゆっくりと色が変化して、すごくキレイ!

Img_4998

五重塔の優美な姿に感嘆~♪

Img_5001t

残り時間もあまりないので、最後に博多小学校のプロジェクションマッピングを見に行くことにした。少し遠いけど歩いていくつもりだったのに、まさかの雨! そこで、無料巡回バスを利用しようと博多駅へ行くと、素敵なイルミネーション発見~! (次回へ続く)

運河に映るイルミネーション~キャナルシティ~

11月25日、娘と2人で博多千年煌夜を見に行った。場所が駅に近い繁華街のド真ん中なので、時間に余裕を持って1時ごろ出発。 3時ごろ到着し、駐車場も無事確保。開始は6時なので、それまでキャナルシティで過ごすことに。キャナルシティには、ワンピースグッズが豊富なジャンプショップがあり、退屈しないよ♪

Img_4965

隣接するホテルには、お相撲さんの姿が。そういえば、この日は九州場所の千秋楽だっけ。

Img_4985

この時期は、どこもかしこもクリスマス仕様で夢いっぱい♪植物を使ったエコなクリスマスオブジェもある。

Img_4969t

運河の脇を、「運河鉄道スターナイン」というどこかで聞いたような名前の列車が走っていた。暗くなったらもっときれいなんだろうけど、この日はイベントの都合で4時が最終運行。

運河では、可愛い(かどうかはビミョーな顔の)星の妖精が遊んでいる。

Img_4964

ショップの入口も、イルミネーションで飾られてキラキラ☆

Img_4963

色が変化するよ♪

Img_4974

日が暮れてイルミネーションが灯ると、運河に映ってとってもキレイ!

Img_4970

星の妖精も輝きを増す。

Img_4971

運河に降り注ぐ光のライン。

Img_4979t

メインツリーが多面鏡に映っている場所は、絶好の撮影スポット。

Img_4976

今年のテーマは「太陽のクリスマス」ということで、ツリーのてっぺんも星ではなく太陽。

Img_4980t

きらめく光の中を歩くと、星空を散歩しているような気分♪

Img_4977

キャナルシティのイルミネーションをもっと楽しみたかったけど、そろそろ千年煌夜が始まる時間。さあ、櫛田神社を目指して歩くぞ~!

理工学展でデモ飛行!

11月11日に開催されたマナビィランド理工学展で、息子たちが部活で製作した飛行機がデモ飛行をすることになったので、娘と一緒に見学に行った。 午前中降っていた雨も上がり、会場の外のバザーや出店も賑わっている。

Img_4915_2

会場内も、いろんなコーナーがあって楽しそう♪

Img_4925

デモ飛行が行われている体育館に行くと、生涯学習のマスコット「マナビィくん」がお出迎え♪

Img_4917

息子は、飛行機の整備中。この飛行機は、デモ飛行用に製作したもの。観客との間にネットが張ってあるものの、万が一操縦ミスって激突した場合でも怪我をしないようにと、機体に発泡スチロールを使用している。

Img_4918

操縦は、このコントローラーで行う。右のレバーでプロペラの回転速度を加減し、左のレバーで尾翼を上下左右に傾けて上昇・下降・右旋回・左旋回の操作をする。 

Img_4923

私も何度かやってみたけど、なかなか難しい!飛び立つことはできるものの、老いぼれた脳では左右の手で別々の操作をする指令を的確に出すことができず、壁に激突させてばかり。 あまりやっていると壊してしまいそうなので、別の展示も見に行った。

Img_4927

ここでは、生物応用化学科の学生さんの指導でスライムやビーズを作ったり、機械工学科の学生さんが作ったラジコンカーで遊んだりできる。

Img_4929

息子が所属する材料工学科の学生さんは、形状記憶合金などの実験をしてみせてくれた。手を叩くと優雅に羽ばたくメタリックな蝶ちょにも、形状記憶合金が応用されてるんだって。

Img_4928

材料工学科では、高専祭のときにこんな可愛いトンボ玉も作ってもらったよ♪

Img_4914

積み木をどれだけ高く積み上げられるかという競争もやってた☆

Img_4926

再度体育館に戻ってみると、息子は飛行機を見上げるちびっ子たちに解説中。

Img_4950

あらら、ちびっ子が飛行機を近くで見ようと飛行エリアの中へ。 操縦していた新米パイロット君は、ぶつからないように慌てて高度を上げたのだけど…

Img_4935

上げすぎた~! なんと飛行機は、体育館の高~~~い天井に付いたライトに引っかかってしまった!

Img_4938

これは梯子でも棒でも届かない。ボールを投げても届かない。 急きょ、展示していた大会用の飛行機にモーターを積んで飛ばせないかと試みる息子。それを心配そうに眺める新米パイロット君。

Img_4942

とりあえず、これで何とか間をもたせよう…。

Img_4940

そうこうしているうちに、係員の方が来てライトを降ろしてくれた(電球の取替えのため、降ろせるようになっているらしい)。しかし、飛行機は落下して真っ二つ。 修理の準備をする息子たちを、ちびっ子たちが見守っている。「大丈夫かなぁ…」

Img_4939

デモ飛行用飛行機、みごと復活~♪

ちびっ子だけでなく、飛行機好きの大人の方々にも見に来て頂け、機体の設計方法を説明するなど大忙し。

Img_4946

私と娘は、出店で地鶏焼きやお団子を食べたり、スタンプラリーに参加したりして楽しんだよ♪スタンプラリーの景品は、シャープペンシルとサインペンとワンピースのマスク!これが欲しかったの~♪

Img_4951

バザーで、こんな可愛いぬいぐるみも買ったよ♪たったの30円♪

Img_4956

息子の部活関連の行事が立て続けにあったけど、これで終了。あとは引退を待つばかりでちょっと寂しいな…☆でも、このところの活躍が評価されて、高専のHPに掲載してもらえたよ!同好会から部に昇格する日も近い?

Ci121117153102
(久留米高専HPより)

今年も行きました、高専祭!

文化の日、息子の通う学校で毎年恒例の高専祭が開催された。前夜祭で担いだお御輿がこれ。この上に人を乗せて走るのだから、けっこう重い。その上、11月だというのに、8月の水の祭典同様に町の人たちから水をぶっかけられる。大変だけど…ちょっと楽しそう♪

Img_4849

部活で出店している息子は、朝イチから熱心に揚げパンを作っている。

Img_4854m

ステージでは、教授や准教授によって編成された先生バンドが、氣志團のOne Night Carnivalの替え歌を熱唱。 「マスター化学、マスター物理~!」って…。 ボーカルの隣で覆面かぶって踊っているのは、息子の部活顧問の准教授♪

ノリノリのステージの他に、高専らしく手作りの機関車&線路の展示があったり…

Img_4858

ホウ砂水と洗濯のりを使ってスライム風船を作ったりするコーナーも。

Img_4879

ステージ前で披露されているのは、毎年人気のジャックとマイクの寸劇。立ち回りが、効果音とよく合っていてなかなかすごい!

祭りの会場には、コスプレの人多数!

Img_4857

向かって右側は女の子、左側は男の子。

Img_4863

婦警さんとチアガール2人は男の子、隣3人は女の子で、ゴリラは性別不詳。なぜか高専祭では、多くの若者が性別の壁を越えたがる。ってか、生物の壁すら越えたがっている。

Img_4868

そんな中、正統派の出し物も。工業系男子の奏でる繊細なメロディーにうっとり~♪ よく聞くと「となりのトトロ」。

祭りが盛り上がる中、息子はどうしているかというと…相変わらずパンを揚げている。 けっこうお客さんが来ていて、繁盛しているようだ♪ ピンクのTシャツは、部で毎年おそろいで作る通称「鳥T」。

Img_4866m

店から出てきたと思ったら、ステージ前で店のPR☆

続いて、オリジナルの歌を披露する仮装集団。中卒と高卒の生涯収入を比較してその差額を高校に行っている間の時給に換算すると、「時給4,500円」になるのだそうだ。 だから「学校に行けよ!」と。サボリがちな学生を鼓舞する応援歌?

祭りもクライマックスを迎え、息子はどうしているかというと…やっぱりパンを揚げている。 ダースベイダーが100円→80円の値下げカードを持ってアピール中♪

Img_4882m

いよいよ高専祭のメインイベント(?)、女装コンテストの始まり~♪前夜祭で予選を勝ち抜いた5人が、ステージ上に登場。

Img_4886

例年に比べると、女らしさという意味ではややレベルが低かった気もするけど、アピールタイムのショーはやっぱり素晴らしい!見た目よりも、ここでどれだけ盛り上がれるかが優勝のカギになる。

アンパンマンと名探偵コナンのコラボ寸劇も笑えた☆

大盛り上がりのショーのあと、見物客の投票により順位決定。今年の優勝者は、ノリノリのダンスパフォーマンスを見せてくれたたのしんご似の子。 優勝商品は、32型のハイビジョンテレビ~!豪華!

こうして、風邪気味だった今年も高専祭を最後まで楽しんだよ♪帰りに、こんな可愛い高専祭オリジナルTシャツも買っちゃった♪しかも1,000円がディスカウントされて300円♪

Img_4909t

息子の店も利益が出たようで、頑張った甲斐あってよかったわ♪

« October 2012 | Main | December 2012 »

March 2022
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ